茨木の薬剤師の現状

茨木といえば、水戸納豆を思い出す人も多いのではないかと思います。
茨木の水戸納豆は粒が大きく、全国のスーパーで売っているのとは一味も二味も違い、大変食べごたえがあります。
納豆は体に良い食品ですから、毎日でも食べたいものです。
ところで、茨城県の薬剤師会では、いまジェネリック医薬品の普及促進に力を入れているそうです。
ジェネリック医薬品とは特許が切れた医薬品のことで、同じ効力がありながら価格がとても安いので、利用者にはとてもありがたいですよね。

茨城県薬剤師会では薬局店頭や病院などでちらしを配りながら、このジェネリック医薬品の普及と啓蒙活動を行っているわけですね。
茨城県の薬剤師人口は現在6,286人在籍しており、全国で12位の数字になっています。
また薬剤師求人件数は常時650件程度はあるようです。
その求人の中身を見ると、やはり病院関係より調剤薬局やドラッグストアの求人が多いようですね。
また時給は2000円前後と、かなりの高収入が期待できそうです。