県内で薬剤師の求人事情が違う埼玉県

日本の首都である東京都に近い埼玉県では、職場が東京に近いほど求人が少なくなり、逆に東京から離れて群馬などに近づけば求人が多くなる傾向にあるようです。
その理由は色々と考えられますが、やはり東京へのアクセスが便利な場所で働きたいと思う人が多いのと、全国的にみると埼玉県に住んでいる薬剤師が多いからだと言われています。
つまり仕事がないわけではなく、薬局や医薬品関係の仕事はあるにはあるのですが、待遇がいい会社になればなるほど人が辞めて欠員が出る事は少なく、もし求人が出されてもすぐに決まってしまうために、薬剤師求人自体の競争率が上がっているのです。
それ以外の特徴としては、埼玉県は特殊な病院から個人経営のクリニックまで様々な形態の病院施設が自治体に完備されているので、薬剤師として病院勤務をしたい人にはおすすめです。
でも病院も総合病院になると、なかなか求人が見つからない事もあるそうです。
なので、どうしても埼玉で薬剤師求人を見つけて働きに出たいのなら、東京に近い場所は避けて、群馬などに近い郊外で探すのがおすすめです。
そっちのほうが東京寄りの場所よりは薬剤師の人数が少ないので、同じ県内でも求人を見つけやすいからです。
また郊外の薬剤師の給料面や待遇面は優遇されているケースが多いので、上手に交渉することが出来れば、最初に提示されている求人以上に恵まれた環境で働ける可能性もあるのが、埼玉県の郊外で薬剤師求人を探すメリットです。