栃木の薬剤師求人の特徴は

栃木県は日光東照宮やいろは坂があり観光名所や歴史的な場所として有名な日光市のほか、美しい高原が広がり観光牧場や乳製品生産の盛んな那須高原を有する那須市、県庁所在地であり餃子の街として全国的に有名な宇都宮市などを中心に構成されています。
2010年のデータによれば、栃木県内の薬剤師数は3600人あまりとなっています。
関東地方に属しながらも都心部ではないためか、栃木県でも高齢化が加速しています。
そのため、県や薬剤師会では在宅医療に力を入れており、患者さんや高齢者宅を訪問して服薬指導や薬の管理、副作用の有無などをチェックする薬剤師求人も増えて来ました。
調剤薬局などでこうした事業を始めているとこも多く、調剤薬局に勤務しつつ訪問医療にも携わるケース、訪問医療専従となるケースがあります。
県庁の保健福祉部では在宅医療における医薬品供給等の体制を整えるため、県を上げて無菌製剤に係る薬局薬剤師研修を行っており、公的な場を通じて必要な知識を身につけたり、スキルアップをする場も充実しています。
そのほか病院や診療所、宇都宮市や日光市を中心に大手のドラッグストア、老人ホームなどの介護施設などの薬剤師求人が見られます。
気になる給与は正社員の場合で、経験に応じだいたい450万円から800万円程度で、30歳のモデル年収は600万円程度となっています。
パートやアルバイトの時給はおよそ1800円から2200円といったところです。

コメントは受け付けていません。