東京で薬剤師の在宅医療

日本全体が超高齢化社会に突入し、東京もその例外ではなくなってきています。
確かに東京には若い人口も多いのですが、一斉に入居を開始したニュータウンなどで高齢化が進んでいます。
東京の都心部などでは多くの病院で薬剤師が充足している状況にあります。
一方、下町やニュータウンなどでは、在宅医療に力を入れている調剤薬局も多いのが現状です。

下町やニュータウンなど高齢者の多い地域では、服薬指導や薬のセットをしてもらえるのは助かるという高齢者も多いのです。
もちろん在宅の服薬指導はタダではありません。
それどころか訪問の服薬指導は保険点数が高いので、調剤薬局では収入の大きな柱にしているところもあります。
東京には病院や調剤薬局の普通の薬剤師求人だけでなく、そのような訪問の服薬指導に使命を感じる薬剤師を募集しています。
高齢者にとって薬剤師は、病院の先生よりもずっと相談しやすい存在のようです。
薬剤師のなかには患者とコミュニケーションを取るのが苦手だから、調剤業務だけをしていたいという薬剤師もいるといいます。
在宅での服薬指導というのは、その患者さんをトータルで見ないとできないことだと思います。
つまりドラッグストアで勤める薬剤師などより、ずっと顧客のことを考えなければなりません。
地域医療の一端を担っているという気概を持つことができるのも、こういった在宅での服薬指導を行う上で培われる自信があるからでしょう。
ただ、それなりのサービス精神がなければ務まる仕事ではありません。
お年寄りが好きで助けたい、地域医療を支えていきたい、そんな薬剤師が高齢化社会を迎えた日本には必要でしょう。
東京には一人暮らしのお年寄りがたくさんいます。
高齢になればなるほど薬を飲む機会も増えていきます。
そのような高齢者のために、その生活の質を支えることができる薬剤師が数多く登場して欲しいです。
薬剤師求人でやりがいを求める方は、ぜひ在宅医療に貢献して欲しいと思います。

コメントは受け付けていません。